高知厚生病院

第23回日本死の臨床研究会中国・四国支部大会in高知

概要・プログラムはこちらからダウンロードできます。
★プログラムをダウンロード★

開催概要

●会議の名称
 第23回日本死の臨床研究会中国・四国支部大会

●テーマ
 「いのちを抱きしめる」

●大会長
 山口 龍彦 (医療法人山口会 高知厚生病院 理事長)

●会期
 2023年5月21日(日)

●開催形式
 オンライン開催(Web開催)

●大会事務局
 医療法人山口会 高知厚生病院 事務
 〒781-8121 高知市葛島1-9-50
 高知厚生病院 担当:山口(礼),西村,小栗
 TEL:088-882-6205,FAX:088-883-1655
 e-mail : kanwa-hospice@kochi-koseihp.jp

 ●中国四国支部事務局(入会手続き)
 鳥取市立病院 がん相談支援センター
 〒680-8501 鳥取県鳥取市的場1-1
 TEL:0857-37-1522,FAX:0857-37-1558
  e-mail : c-rinsyo@hospital.tottori.tottori.jp

参加者の皆さまへ

1)開催形式
 新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し,オンライン開催(Web開催)といたしました.
 顔のみえる交流を少しでも再開したいと考え,サテライト会場での視聴もできるように考えています.

2)参加費
 参加費は医療福祉関係者,一般市民,会員,非会員を問わず,一律1,000円としております.午前の部(研究会),午後の部(講演・映画視聴)いずれの参加においても,個人参加・サテライト会場での使用にかかわらず,受信されるPCなど(タブレット,スマートフォン)1台に付き,参加費として1000円となります.
 参加登録・銀行振込確認ののち,ZoomID,パスワード,映画視聴用のURL,QRコードを発行させていただきます.

3)参加登録(参加申込方法)(4,5,6ページ参照)
 オンライン開催になりますのですべて事前参加登録となります.
 サテライト会場開催の希望の方は,サテライト開催希望,または個人参加希望を明記して下さい.

4)参加申込後の流れ(6ページ参照)
 〇臆壇佻織瓠璽觴領後3日以内に受領確認をEメールでお知らせいたします.
 銀行振込確認ののち,参加費受領証,抄録集を受領確認のe-mailに添付し発行いたします.
 B膕2日前までに,ZoomミーティングのミーティングID,パスコード,映画視聴用のURL,QRコード,参加証明書をEメールで発行させていただきます.(参加証明書は個人参加の方のみに発行させていただきます)
 5月21日(日)支部大会当日は午前8時30分からZoomに入室できます.
 ケ撚荵訥阿亡悗靴討蓮5月21日(日)14:00から5月23日(火)23:59までの間に,映画視聴用のURL,QRコードからYouTubeにアクセスしていただくと視聴できます.

参加登録(参加申込)方法

1)参加登録期間:2023年4月1日(土)〜5月16日(火)
 
2) e-mail (Eメール)での申し込み
 メール題名に「参加申し込み」と記載の上,メール本文に3)の「必要事項」を記入し,第23回日本死の臨床研究会中国・四国支部大会in高知事務局宛てe-mail 【kanwa-hospice@kochi-koseihp.jp】 で送付してください.(参加申込書をダウンロードし添付してください)その後,指定の口座に参加費をお振込み下さい。

参加申込書をダウンロード
    
3)必要事項(参加申込書をダウンロードし, e-mailに添付)
●名前(フリガナ)
●居住地または勤務地(県名)
●所属(病院名等,部署名)
● e-mailアドレス
●FAX番号
●住所
●携帯電話番号
●希望の参加方法( 個人参加 または サテライト会場用 )
 
4)参加登録費
医療福祉関係者,一般市民,会員,非会員を問わず,一律1,000円(振込手数料は参加者負担でお願いいたします)
 
5)支払い方法について
下記口座に5月18日(木)までにお振込みください.
【振込先】
銀行名:四国銀行
支店名:木屋橋支店
店番号:112
預金種目:普通預金
口座番号:5173405
口座名義:日本死の臨床研究会高知支部 代表山口龍彦(ニホンシノリンショウケンキュウカイコウチシブ ダイヒョウヤマグチタツヒコ)

発表者の皆さまへ

 ●パワーポイントで行っていただきます.(Zoomでの画面共有をいたします)
 ●スライドサイズはワイド画面(16:9)での作成をお願いします.
 ●発表のデータは,2023年5月19日(金)までにメールの添付ファイルで大会事務局
 まで送付をお願いします.( e-mail : kanwa-hospice@kochi-koseihp.jp)
 お送り頂きましたら,事務局で動作確認を行います.
 トラブルなく進行を行うために,ご協力のほどよろしくお願いします.
 ●一般演題の発表時間は,8分です.質疑応答時間は,1演題毎に3分です.
 ●オンラインでの発表,スライド共有が不慣れな発表者,司会の方のために事前に
 操作練習・確認も予定しています.日程につきましては,近づきましたら,ご連絡させていただきます.
 ●任意の場所(自宅や職場,サテライト会場)で,PCでZoom(WEB会議システム)を
 使用して発表を行って頂きます.当日は,研究会開始20分前までの入室をお願い
 いたします.
 ●事前にZoomアプリのダウンロードをお願いいたします.
 ● Zoomアプリをお持ちの方は最新バージョンへのアップデートをお願いします.
 ●極力静かな場所で雑音が入らないようにお願いいたします.ご発言以外はミュート設定でお願いいたします.
 ●事前に,ご自身の名前の入力をお願いいたします.
 ●トラブル発生時のヘルプのため,事務局から携帯電話への連絡をさせていただく
 ことがあります.事務局にお知らせいただきました携帯電話をマナーモードに設定
 の上,お近くにお持ちください.
 

司会の皆さまへ

 ●任意の場所(自宅や職場,サテライト会場)で,PCでZoom(WEB会議システム)を
 使用して発表を行って頂きます.当日は,研究会開始20分前までの入室をお願い
 いたします.
 ●一般演題の発表時間は,8分です.質疑応答時間は,1演題毎に3分です.
 ●オンラインでの発表,スライド共有が不慣れな発表者,司会の方のために事前に
 操作練習・確認も予定しています.日程につきましては,近づきましたら,ご連絡させ
 ていただきます.
 ●事前にZoomアプリのダウンロードをお願いいたします.
 ● Zoomアプリをお持ちの方は最新バージョンへのアップデートをお願いします.
 ●極力静かな場所で雑音が入らないようにお願いいたします.ご発言以外はミュート
 設定でお願いいたします.
 ●事前に,ご自身の名前の入力をお願いいたします.
 ●トラブル発生時のヘルプのため,事務局から携帯電話への連絡をさせていただくこ
 とがあります.事務局にお知らせいただきました携帯電話をマナーモードに設定の上,
 お近くにお持ちください.

タイムテーブル


研究発表会プログラム


基調講演講師のご紹介

小笠原望 おがさわら・のぞみ (大野内科理事長,高知県四万十市)

1951年高知県土佐市生まれ。76年弘前大学医学部卒。同年徳島大学第1内科入局。77年からの赤十字病院勤務を経て、97年妻の実家である大野内科(四万十市【旧中村市】)に赴任。2000年同院院長。 「かかりつけ医としての在宅医療、神経難病、心のケア」に「四万十のゲリラ医者」として活動中。若鮎川柳会、帆傘川柳社会長
著書に
「いのちばんざい」(高知新聞社)
「医への想いしなやかに」(医学書院)
「いのちを支える」(四国新聞社)
「いのちの仕舞い−四万十のゲリラ医者走る−」(春陽堂)
「四万十の流れのように生きて死ぬ−いのちの終わりを自然に受け入れるためのヒント−」清流出版
「フォト川柳 聴診器の向こう側:四万十の色 何億の生と死と」(看護の科学新社)
「診療所の窓辺から−いのちを抱きしめる、四万十川のほとりにて−」(ナカニシヤ出版)
などがある。

映画 『四万十〜いのちの仕舞い〜』 のご紹介

● 5月21日(日)14:00から5月23日(火)23:59までの間に,限定公開の映画視聴用URL,QRコードからアクセスしていただくと視聴できます.





高知県四万十市の診療所を拠点に、在宅医療に取り組む小笠原望医師を追ったドキュメンタリー。四季折々の表情を見せる四万十川の自然を背景に、川の流域で暮らす人々と医師との交流を見つめながら、本当の豊かさ、本当の幸せといった人生の意味を問いかける。監督は「いのちがいちばん輝く日 あるホスピス病棟の40日」の溝渕雅幸。
 町の中央を大河四万十が流れる高知県四万十市。人々はその恩恵や時には脅威を受けながらも川と共に生きている。そんな川の流域に暮らす人々を医療の面で支える内科医・小笠原望が営む診療所には、毎朝早くから大勢の人が訪れる。その一人ひとりに優しく語りかけ、話しを聴き、そして診る小笠原医師。診療所に来ることのできない人に対しては。家や入居する施設へ自ら出向いて往診する。病を診るのではなく、患者さんをその家族も含め丸ごとみて、聴く。四季折々の表情を見せる四万十川の自然を背景に、カメラは、人の“いのち”に寄り添う小笠原医師と、四万十川流域に暮らす人々との交流を追いかける。(https://moviewalker.jp/mv64430/より転載)

支部入会のご案内

 ●中国・四国支部では新規入会をお待ちしております.事務局は下記となります.

 ●中国四国支部事務局(入会手続き)
  鳥取市立病院 がん相談支援センター
  〒680-8501 鳥取県鳥取市的場1-1
  TEL:0857-37-1522,FAX:0857-37-1558
  e-mail : c-rinsyo@hospital.tottori.tottori.jp
 
 ●会費は入会費1,000円,年会費1,000円です.

 ●年に2回,夏と冬にニューズレターを発行しています.

お問い合わせ

第23回日本死の臨床研究会中国・四国支部大会事務局
医療法人山口会 高知厚生病院
担当:小栗,西村,山口(礼)
〒781-8121
高知市葛島1-9-50
TEL:088-882-6205,FAX:088-883-1655
e-Mail: kanwa-hospice@kochi-koseihp.jp

Copyright(C)2023kochi-koseihp.jpAll Rights Reserved.